真っ赤な嘘

“真っ赤な嘘”以外に思いつかなかったビデオ、1分43秒。

2017年5月9日 参議院 予算委員会 集中審議にて、
質疑者:森ゆうこ(希望の会)/答弁:岡本財務省大臣官房長。

岡本 薫明 / おかもと しげあき(中央大学HPより)

客員教授
担当科目:政策形成と法
http://bit.ly/2m1xIc7

志願者へのメッセージ
「政策形成と法」の授業では、各省庁の担当者や財務省の予算担当者等を講師として招き、現在直面している行政上の諸課題にどのように取り組んでいるかについて話を聞きながら、公共政策に対する視点を学びます。これから行政官を目指す人のみならず、幅広い視野を持った法律家を目指す皆さんの参加をお待ちしています。

主な経歴(在外研究含む)
英国王立国際政治経済研究所研究員
財務省主計局主計官
同大臣官房秘書課長
同主計局次長
最終学歴

東京大学法学部卒業
現職

財務省大臣官房長
主な研究・活動分野

主な担当事件・分野
国の予算編成の企画・調整
金融危機対応
主な著書・論文等

実は、別のブログサイトがあったのです。ご紹介します。

実は、別のブログサイトがあったのですが、ご紹介します。urlは、あたらしくなって http://www.kuranaka.com/tech/ です。ブログタイトルは「ウェブマスターへの道 wordpressでいこう!」というんですが、一年ほど休んでいました。まったく別ドメインだったのですが、別ドメインである必要もないかということで、ドメインを解約しておりました。urlの変更作業が億劫でほぼ一年ほど宙ぶらりんだったのですが、本日、時間が空いたので、一日がかりで変更作業をしておりました。

とはいえ、現実には、データベースの二か所を変更してあっけなく終了。なんとも不思議な気持ちですが、それまでが、大変だったんです。関係サイトを閲覧して、印刷する箇所は印刷して、ああだこうだと実際に動かして、その挙句がたった二か所の変更だったんですから。まあ、そんなもんでしょ、世の中は。

別のブログサイトですが、読んでもらうとわかるのですが、どちらかというと技術系。ああだこうだと一所懸命がんばって、実は「たったこれだけなのよ」というブログサイトです。簡単な記述の裏側には、大変な悩みがあるんですね。

アメリカ合衆国(United States of America)の銀行のIBANコードを知る

ひょんなことから、アメリカ合衆国(United States of America)の銀行のIBANコードを知る必要ができたが、なかなかわからなかった。実際にアメリカ在住の銀行に問い合わせたのだが、知らせてくれたのはルーティングナンバーと、Swift Codeだけだった。 銀行にしてみれば、知らないのか、この二つで十分な情報だと言いたかったのか不明であるが、いずれにせよ、不親切な対応だなとは思った。とはいえ、アメリカではほとんどがルーティングナンバーで事足りる。Swift Codeなどは必要がないので、それを教えてくれただけでも満足とすべきかもしれない。日本では、Swift Codeがとにかく大事にされます。そして、ヨーロッパでは、なんといってもIBANコードらしい。BICコードとIBANコードのペアで必要とされるらしいのですが、BICコードはSwift Codeと同じとの由。 ということで、IBANコードですが、これは、Wikipediaには次のように説明されています。

IBANは、最大34文字のアルファベット・数字からなる。最初の2文字はISO 3166-1 アルファベット2文字国名コードであり、次の2文字はチェックディジットである(以下の例ではkkとして示す)。その後の部分(最大30文字)は国内の銀行口座番号であり、BBAN(Basic Bank Account Number)と呼ばれる。BBANの書式は国によって異なるが、その文字数は国ごとに決められている。

IBANコード構造表
左端2文字 左端から3文字目及び4文字目 左端から5文字目以降
国名コード チェックデジット BBAN

IBANは電子的に記録する際は空白を含まないが、印刷時には4文字ごとに空白で区切られることが通例である(最後の部分は4文字未満となることもある)。

それではと、アメリカ合衆国の国名コードとチェックデジットを調べたのだが、よくわからない。そこで、お世話になったのが、Swift Codeと銀行口座番号を入力するとIBANを教えてくれるサイトだ。これでわかったのがアメリカ合衆国の国名コードがUSということだ。次のチェックデジットは誤謬をチェックするためのもので、コードを構成する文字により異なることになる。 ということで、まずはめでたしではありました。

ピンクのクラウンではなくて、ピンクの携帯について語ろう。

トヨタクラウン、2013年の代表色はピンクとの報道がありましたが、ピンクは私の携帯の色でもありました。特に時代を意識したわけではなくて、安いものを身に着けていったら自動的にこうなったわけです。

ということで、今回は手持ち携帯について語りましょう。

左からパナソニックp 01d富士通f-03ddそして白色ですがiphone4です。左二つの携帯は、いずれもアマゾンにて購入したものです。購入したときの価格は、配送料込で4,900円(2012/8月)と6,500円(2013/4月)でした。いまは、値段が上がっております。今後も格安の新しいアイテムの出品は続くと思われるので、型番に捉われずに、ちょくちょくチェックしていくつもりです。

ピンクのスマホ

三台をどのように使っているかというと、p-01dは、docomoの携帯電話、通話料のみの契約で使用、ファミ割50/2000円分の無料通話料付で、月々1,615円で使っております。iモード/メールなどをバッサリとカットしていますが、携帯にパケットやメールは必要ありません。SMSがあれば十分です。つづいてf-03ですが、これはdtiの契約で、月々490円の使用料にてインターネット常時接続用に使用しています。これにFoxFiという無料アプリをいれて、モバイルルーターとして利用、他の手持ち携帯のへパケットを提供しているわけです。これは、おサイフケータイとしても利用でき、nanacoとの契約を使用しています。他にeddyなども使えます。また、無料通話のLINEも入れていますが、親しい友人とでしたら、電話として充分に使えます。もっとも、LINEのいいところは、豊富な表現力の無料メール機能ですけどね。

で、iphone4ですが、これは型遅れのため、機種代がタダ、バケット契約を変額の1029円~にして、1029円は仕方なしと割り切りデータ通信を一切行わない設定にしています。ということで、色々な割引がついていて、5月からは月々1200円の支払いで利用しています。契約したのが、今年の初売りですが、うまいこと契約してソフトバンクを負かしたつもりでいましたが、契約の際の勘違いなどもあり、1-4月まで10万近い料金を支払っておりました(iphone以外にも見守り携帯2を4台契約した分も含めての料金ですが。ソフトバンク携帯を五台ももってどうするんだという方もいらっしゃると思いますが、その話はまた後で)。ソフトバンクにはかなうわけないですよね・・・ハハハ・・・。しかし、5月からは、うん負けないぞー!! (しかし、勝つ気もしないなぁ)。

ソフトバンクを持つ利点ですが、まずはiphoneを使えること。それから、ソフトバンクを持つ人と夜9時までは料金がかからないこと。ドコモは家内と家内の家族割に私をいれてもらい、家内との通信費は無料にしています。娘と息子はiphoneでソフトバンクを利用しているので、こちらはソフトバンクの家族割を利用して通信費をカットしているということもあります。しかし、一番のメリットは、街中のWi-Fiの多さでしょう。チョッとした飲食店にもはいっていますからね。以前は、ビックカメラの380円/月のWi-Fiスポット契約をしていましたが、これの数倍のエリアをカバーしているような気がします(仙台市内では)。これも入って月々1,200円は安いと思います。

まとめると、三台の携帯の使用料は、1615円+490円+1200円=3305円に無料通話をオーバーした通話料金ということになります。スマホにつきもののパケット代を押えているのが利きますね。子供に持たせる携帯は、すっぱりとDTI契約でLINE通話にして、490円/月でいかがでしょうか。昨今は若者の可処分所得がほとんど携帯料金に流れてしまい、景気の足を引っ張っている気がしてなりません。

さて、三台もちに関して話を続けましょう。因みにp-01dがなぜ安くなったのかというと、色に加えて、その画面の小ささのようです。普通の携帯の形状を求めた結果画面が小さくなった。ちいさくなった画面は操作しづらいということで、人気がなくなったということなのでしょう。確かに最近のスマホは画面が大きくなっています。iphone5もだいぶ大きくなりましたもんね。しかし、短所も長所です。私みたいに、タブレットを何台も所有している人間から見ると、この小ささは長所なんですね。パソコンもそうですが、一台ですべてを賄うとするよりも、分散処理を目指すとより使い易くなります。寿命も持ちますしね。なによりもコストがかからない。最新型で画面が大きくて、処理が早くて、容量が大きくてなんていったら、それこそソフトバンクの思うつぼです。もと楽天の監督、野村さんのように安い機種を、より効率的に使いこなすのもいいかなと思います。たしかにクラウド時代ですから、一台でスマートにビッグデータも使いこなすというのも有りですが、クラウドだからこそ分散処理というのもありなんです。三台のうち、どの一台をとっても同じデータにアクセスできるわけですからね。時代は分散処理だとおもいます。権力構造も含めて・・・。

p-01dにしろf-03dにしろ、消費者のレヴューは厳しいのがありますが、値段を考えてレヴューは書いてもらいたいですね。それと、かつてのパソコンとおなじく、開発途上の先端商品であることへの理解も必要かと思います。GPS、Wi-Fi、インターネット、メール、電話、カメラ、録音機、オーディオ再生、ビデオカメラなど使うだけ使ってバッテリーが持たないなど文句いっているわけですからね。それは酷いよ、とメーカーを庇いたくなります。実際、中華パッド使っていたときにP-01dを持ったときなんか、その品質の良さにはびっくりしました。忘れもしない、2012/8月の話です。それまでは、山寨革命を追っかけていたのですが、この方針は揺らぎましたね。中国ではなくて、個人だと思い至ったわけです。というわけで、いまは「メイカーズ」。個人の思い入れがガジェットをどう作り上げるかが興味の的です。

話を戻しましょう。さわさりながら、携帯の三台持ちですが、並べてみると、タブレット7インチ型一台分(ミニipad大)ですよ、それほど大きいわけじゃあない。バックなどに、なんとか入りそうです。それから、待ち受けですが、実はbluetoothヘッドセットでいいのがあります。Bluetooth3.0対応超小型モノラルヘッドセット001(SW-BT01-MHMN)ですが、これは2台の携帯電話で同時待ち受けできるマルチポイントに対応しているんですね。音質も悪くない、マイクも普通に使えます。三台のうち携帯電話の契約が二台しているわけですから、このヘッドセットで十分ですね。買い置きもしていますので、近い将来は、カメラマンコートに4台の携帯電話をいれて、両耳にそれぞれこのモノラルヘッドセットをつけてみようかな思っております。もちろん、実用ではなく、ウケ狙いだけですが。

バッグに携帯をおいて、ヘッドセットで電話を処理。馴れると使い易いです。ただ、「補聴器ですか?」なんて言われたことも有りますので、年寄には似合わないかも。また、使用しているのも忘れてしまうので、映画館などでは注意も必要ですね。というのは、稼働している間は機器が点滅するので、隣の人は大迷惑だと思います。やったことあります。注意もされなかったので、あとで自分でわかったのですが。また、Bluetoothはだいたい10メートルぐらいは電波が届きますので、電話機を肌身に持つ必要がなくて楽になります。

分散処理は、音楽なんかでもいけます。今、安いマイクロSDカードは、32ギガで1800円位ですね。中島みゆき、松任谷由実クラスで生涯作成曲が800曲、約3-4ギガ、マイルス・デビスでこの倍ぐらいかな。で、三台にそれぞれ、癖をつけて楽曲を入れておく。私の場合だと、まずp-02dには「いきものがかり」、iphone4にはクラシックと癒し系インストゥルメンタルを入れております。そして、f-03dは、聞いたことのない未経験の音楽/ジャンルを入れようと思っており、いまは、アフロ系と、民族系を入れております。その他にもmpプレーヤーがあり、懐メロ系と語学学習/幽体離脱学習系(ヘミシンク)をそれぞれ持っております。

GPSも使えますね、自分の行動のトラッキングを保存できます。一応、p-2dにアプリをいれて記録したのをエバーノートに一月間ぐらい保存したりしたことがあります。意味あるのかななどと思案中ではあります。一日の行動などは、日記でも完全に補足することは無理ですが、GPSでは、ほぼ完全に捕捉できるんじゃないかとは考えています。意味があるかどうかは別問題ですが。

などと考えていたら、将来は小型化されたスマホはどうなるのかと思うと、奥歯の奥にでも埋め込んで、サイボーグ009みたいに奥歯の奥をカチリといわせて会話したりするようになるのかな。GPSが体内埋め込まれたりしたら最悪ですね。とまれ、まとまりもなくなってきたところで、今回はこれまでとしましょう。ご清読ありがとうございました。

 

とにかくwindows XPが遅いので・・・。

現在、自宅のデスクトップパソコンはwindows 7 / Lenovo core3です。このほかに、XPデスクトップが2台、XP/ノートパソコンが1台あるのですが、去年あたりからやたらとXPパソコンが遅く、重くなってしまいました。

いままででも、このようなことは多々あり、ネットで調べてみると、それなりの理由がみつかりましたが、今回は理由がわかりません。OSが古くなると、そんなものかとあきらめるのも一つの方法ではありますが、どうにも、この遅さには腑に落ちないものがありました。

ということで、XP/ノートパソコンをリカバリーを使って、新規に一から始めてみましたが、いやあ、見違えるように早くなりましたね。一世を風靡したasus eeepc ネットブック /cpuは省エネのatom ですが、まだまだ使えます。遅さでお悩みの皆さん、、是非、ハードディスクをフォーマットして一から出直してみてください。

このasus eeepcは2009年発売ですが、この4年のうちにすっからスマホ/タブレットの時代になってしまい、影が薄くなってしまいました。しかしながら、クラウドを利用すれば、スマホ/タブレットと共存して使うことができます。具体的にはDropbox、Nドライブ、エバーノートを使えばどのパソコン/スマホ/タブレットからでも、おなじ情報にアクセスできます。