ヨガと超心理 本山博 その2

ヨガと超心理―ヨガ,超心理,鍼炎医学 (1972年)について、前回は呼吸について述べましたが、今回は念力の箇所についてです。

著者は鍼炎医学を応用し、皮膚電流をしらべることで念力を調べるのですが、このように皮膚電流を調査するのが、著者の科学的足りうるところで、他の著書にも電位差のグラフなどはよくでてきます。それが、私の苦手なところではあるのですが、そのテストについての箇所(p148-150)を紹介します。

Single-Pairテスト
以上のようないろいろなテストをしたのは、要するにこれはpKの発現条件を調べるための一つの前段階なんです。こういうことがわかった上で、今度はPKが発現する、或は働く場合は、生命力或は気というものがどういう状態にあるかということを、だんだん調べていったわけです。先ず二人一組の一人ずつについて、今言った井穴の左右差を測ってみたわけです。次は二人を同室にして座らせ、各人の左右の井穴差を同時に二台の測定測定器で測ってみると、一人の時と比べて、二人を同室に置くだけで、各人の白律神経の動きや生命力、気といいますか、(念力とでもいうか)、そういうものの動きが非常に変わります。
右のような実験の結果から、次のようなことがわかりました。それは二人以上の人間が同じ所に同時におった場合、今この会場には沢山の入がおるわけですが、ここにただ一緒におるだけで、互いに人間の間には身心共に影響があるというわけです。それが意識されようとされまいと、人閻の身体の上では非常に大きな変化がおきている。特にどういう所でおきているかというと、胃の経絡、脾臓の経絡、腎臓と三焦の経絡、こういうものに大きな変化が、一緒にいるだけで生じてくる。三焦経というのはさっきも申しましたように、今の医学ではわからないのですが、昔の支那の医学やヨガのプラーナの説明によれば、根源的には一つである生命力が、生命を維持するために三つに分かれて身体の各部を動かし、生かしている。この三つの生命力、気を三焦と呼び、この三焦の動向と密接不離の関係にある経絡が三焦経であります。この三焦経に、二人以上の人間が同所に同時に入ると、意識するとしないにかかわらす、大きな変化の生ずることが判明しました。つまりニ人以上の人間が同時に入るだけで、各人の生命力の動向に変化がおきるのですから、この三焦、つまり生命力、気は、互に他人の気に影響を及ぼす、念力、サイコキネシスのようなものとも思えます。
右で話したことは、一人でいる場合に比べて二人でいる場合には、各入の各経絡の気の動きがどういうふうに変わるかということをみてみたのですが、いろいろな組み合わせをしてみると、次のようなことがわかりました。それは、母親と予供とを組み合わせた場合、夫婦を組み合わせた場合。姉妹を組み合わせた場合、兄弟を組み合わせた場合、非常に面白いのは、親から子供へ、夫から妻へ、兄から弟へ、姉から妹へというふうに、変化の非常に大きい側は、母親と子供の場合ですと、子供の方です。それからまた、妻、妹、弟というふうに、どっちかというと相手に対して従う態度をとっている方ですね。ただ何もしないでおるだけで、両方同時に測る訳ですが、その場合に、従の態度をとっている方に大きな変化がおきる。これは催眠現象についても言えるわけです。
それから霊能者と普通の人、強い霊能者と弱い霊能者を組み合わせてみると、とにかく霊能者から普通の人への影響の方が非常に大きいわけです。どっちも変化は起きるのですが、普通の人の方が大きた変化を示すし、強力な霊能者と弱い霊能者の二入を置いた揚合は、どっちにも変化は起きますが、弱い方に変化がよく起きるようです。従って、二人以上の人間が同時にいる時、各人のもつ霊能の強弱によって各人に生する気の変動の程度が異なってくることがわかります。この霊能の強弱の相違が、pK現象を起こす一つの条件のように思われます。
わかりやすく言うと、好むと好まざるに関わらず、人はお互いに心身をつうじて干渉しあうと言うことです。気のせいかと思っていたかもしれないが、物理的に経路に変化をきたし、ひるがえって、五臓六腑に現実的に干渉する。とくに弱い部分、胃や肝臓など、弱っている部分には大きく干渉する(上記以外のところで述べています)とのことです。干渉しあう方向としては、強い方から弱い方へという流れがあるということです。
念力に関しては、ポルターガイスト現象があるところに子供がいるとよくいわれています。念力に限らず、世の中の矛盾は弱いところにあらわれます。子供は弱者の端ですから、ここにあらわれる現象には注意しなくてはならないのでしょう。強いものは弱いものに対して大きな責任をもっています。学校の先生や、子供を持つ親には意識してもらいたいところですね。
話は若干かわって、お見合いの名人になると、うまくいくお見合いは、匂いがするそうです。それは、出会いが経路に影響を与え、男女それぞれの分泌器が反応するのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です