天国と地獄―アラン・カルデックの「霊との対話」

天国と地獄―アラン・カルデックの「霊との対話」読みました。1800年代の書物なので、わかりにくい箇所もあるこのだが、総じてわかりやすい書物でした。164-168頁、自殺者との対話が説得力があったな、以下にご紹介します。

第四章自殺した入の霊
公衆浴場で自殺した身元不明の男性
一八五八年四月七日、夜七時ごろ、こざっぱりした服装の五十代の男性が、パリの、ある公衆浴場にやってきた。サ-ヴィス係の少年は、浴室に入ったその男性が、いつまでたっても自分を呼ばないので、不審に思って浴室をのぞいてみた。そして、そこで、見るも無残な光景を目撃したのである。その男は、剃刀で喉を掻き切っており、浴室中に血が飛び散っていた。身元の確認ができなかったため、遺体は死体公示所に運ばれた。
死後六日たってから、パリ霊実在主義協会において、この男性の霊を招霊したところ、次のような問答がなされた。
-招霊します;::。
霊媒の指導霊からのメッセ-ジ:「ちょっと待ってください。いまそこに来ていますから」
-いま、あなたはどこにいますか?
「分かりません……。ああ、私がいまどこにいるのか教えてください」
-あなたは、いま、霊実在論を研究している人々、あなたを好意的に迎えようとしている人々のあいだにいます。
「私はまだ生きているのですか……。棺桶の中で窒息しそうです」
彼の魂は、肉体から離れたとはいえ、いまだに混乱したままである。地上で生きていたときの感覚が強くて、自分が死んだとは思えないのである。
-ここに来るように、誰かに勧められたのですか?
「何か、ほっとしたことを覚えています」
-どうして白殺などしたのですか?
「では、私は死んでいるのですか……。いや、そんなことはない……。まだ、体の中にいますから……。私がどれほど苦しいが、あなたがたには分からないでしょう。ああ、息が詰まる!誰か、優しくとどめを刺してくれないだろうか?」
-どうして身元を確認できるようなものを何も残さなかったのですか?
「私は、みなに見放されたからです。苦しみから逃れようとしたのに、これでは、まるで拷問です」
-いまでも身元を知られるのはいやですか?
「ええ。どうか、血が噴き出している傷口に、赤く焼けた鉄を押しつけるようなまねはしないでください」
-お名前、お年、職業、住所を教えていただけませんか?
「いやです! どれも教えたくない」
-家族はおありでしたか?奥さんは?子供は?
「私は、みなから見放されたのです。もう誰も愛してくれません」
-どうして、そんなことになったのですか?
「ああ、どれくらい多くの人が私のようになっていることだろう……。家族の誰からも愛きれなくなってしまった……、もう誰にも愛きれないんだ-・」
-いよいよ白殺をしようとしたとき、ためらいはなかったのですか?
「とにかく死にたかったのです……。疲れ果てていたので、休息が欲しかった」
-「将来のことを考えて思いとどまる」という可能性はなかったのですか?
「私には、将来は、もはやありませんでした。希望をすっかリ失っていたのです。希望がなければ、将来のことなど考えられません」
-生命が失われる瞬間は、どんな感じがしましたか?
「よく分かりまぜん。私が感じたのは……。だいたい、私の生命はまだ失われていません……。私の魂は、まだ体につながっています。ああ、蛆虫が私の体を食っているのが感じられる-」
-死が完了したとき、どんな感じがしましたか?
「死は完了しているのですか?」
-命が消えていくときは、苦しかったですか?
「その後ほどは苦しくなかった。そのとき苦しんでいたのは体だけだったから」
-(聖ルイの霊に対して)この霊は、「死の瞬間には、その後ほどは苦しくなかった」と言っていますが、これはどういうことですか?
「死の瞬間に、霊が、その生の重荷がら解放きれつつあったのです。そういう場合には、解放の喜びが死の苦しみにまさることもあります」
-自殺した人の場合、常にそうなるのですか?
「必ずしもそうではありません。自殺した人の霊は、肉体が完全に死ぬまでは、肉体に結びつけられたままです。それに対して、自然死は生命からの解放です。自殺は生命を破壊することなのです」
-意志とは無関係に、事故で亡くなった場合でも、同じなのですか?
「いいえ・.・…。あなたは白殺をどう考えているのですか?霊は、自分のやったことに対して責任を取らざれるのですよ」
死んで間もない人が、自分が死んでいるのかどうか分からない状態になるということは、実に頻繁に観察される。特に、自分の魂を肉体のレヴェル以上に向上させなかった人の場合には顕著である。
この現象は、一見、奇妙に思われるが、ごく自然に説明できる。
初めて夢遊症に陥った人に、眠っているかどうか尋ねた場合、必ず「眠っていない」と答えるはずである。この答えは極めて論理的なのだ。非は、不適切な言葉を使って質問した側にある。
「眠る」という言葉は、一般的な使い方では、あらゆる感覚器官が休息することを意味している。ところが、夢遊症者は、考えられるし、見られるし、感じ取ることもできるのである。したがって、自分が眠っているとは思わないし、実際、言葉の普通の意味においては眠っていないのである。だから、彼は「眠っていない」と答えるのである。
これは、死んだばかりの人間についても言える。彼にとって、死とは、すべての消減を意味していた。ところが、夢遊症者と同じく、彼は、見ることも、感じることも、話すこともできるのである。したがって、彼にとっては、それは死を意味していない。だから「死んでいない」と言うわけである。
それは、彼が、この新たな状態について、しっかり理解するまで続くだろう。
この状態は、いずれにしても、つらいものである。なぜなら、それは不完全な状態であるために、霊をある種の不安定な状態に投げ込むからである。
右の例では、蛆虫が体を食っている感覚があるだけに、苦痛はより激しいものとなっている。
さらに、その状態は、彼が命を縮めた年数分だけ続くことになるので、いっそう、つらいものとなるだろう。
こうした状態は、白殺者において一般的に見られるものであるにせよ、常にそうであるとは限らない。特に、苦しみの強度と期間は、白殺者の犯した過ちの大きさに左右される。
また、蛆虫の感覚や、体が腐敗していく感覚も、白殺者特有のものであるとは言えない。それは、精神的に生きず、ひたすら物質的な享楽を求めて生きた人間が死んだときに、よく見られるものである。
要するに、罰せられない過ちはないということなのである。しかし、罰の与え方に、画一的で普遍的な法則はない。

蛆虫などの感触は、土葬が前提となっている。寿命(自然死)と自殺した日、すなわち寿命を縮めた分だけ苦しむというのはこの本以外では読んだ覚えはない。夢遊病者の例えはユニークかつわかりやすかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です