新聞・テレビは大丈夫なのか?

まずは次の記事をご紹介

東京地検特捜部が自白を誘導 小沢氏の元秘書が録音

2011/01/15 02:02   【共同通信】

収支報告書虚偽記入事件で小沢一郎民主党元代表に対する東京第5検察審査会の1回目の議決を受け、東京地検特捜部が昨年5月、政治資金規正法違反罪で起訴した元秘書の衆院議員石川知裕被告(37)を任意で再聴取した際「(逮捕段階と)違う供述をすると審査会の印象が悪くなり、小沢さんも不利になる」と自白を迫っていたことが14日、関係者への取材で分かった。

石川被告は聴取内容すべてを持参したICレコーダーでひそかに録音。起訴内容を否認し、自身の供述調書の信用性を争うため、年明けの公判前整理手続きで東京地裁に書面化したやりとりを証拠申請した。

担当検事が「それじゃ上が納得しないんだよ」などと誘導的な取り調べをしていた実態が記録されている。

この記事を1/15にインターネットでみかけたので、テレビ各社と日本経済新聞をずーとチェックしていたのだが、なんとどこでも見つけることはできなかった。「日本経済新聞、小沢、元秘書、録音」で検索してみると、日本経済新聞の記事を見つけることはできたのだが、私に配達された日本経済新聞のどこにもそのような記事はなかった。東京版の夕刊の記事だったのかなとはおもったのだが、確認はしていない。

伊達雅人のランドセルは記事になっても、自白誘導は記事にはならない。なんとも面妖なメディアの所作ではあるまいか。逆に、当たり前のことなのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です