恋空(映画)、オレンジデイズ(tvドラマ)をみました。

映画「君に届け」が面白かったので、三浦早馬主演の恋空を鑑賞しました。しかし、うむ、全く面白くありませんでした。まだの方にはお薦めしません。どこが酷いのか説明しようとしましたが、wikipediaの「作品の評価」を見ていただければ充分でしょう。映画ではありませんが、小説「恋空」の読者レビュー星一つも十分にこの作品の評価を顕していると思われます。DVDも同じく読者レビュー星一つが正確に表しています。日本人のコモンセンスは十分に正常だと安心してしまいました。

悪い作品をみてからしばらくは具合も悪くしていましたので、以前から気になっていたオレンジデイズを鑑賞。

これはよかったなあ。英語字幕がついていたので、2005年9月19日から11月28日まで、ハワイの地上波放送局KIKU-TVで、英語字幕付放送されたものの録画だったと思われます。英語と手話をついでに勉強した感じがしてちょっとしたお得感も味わえたかな。この作品がいかにすぐれていたかは、アマゾンのレビゥーが正確に表していると思われます。元気もらいました。最終話は二回見ました。ドラマはハッピーエンドが必須ですね。最後に泣くドラマは止めて欲しいです。ハッピーエンドは脚本家の義務だと思います、うむ。

追記:

息子が1週間ほど休暇をとって遊びにきました。その間、毎日のようにこのテレビドラマを一緒に鑑賞。こちらが鑑賞を薦めたのですが、息子もはまったもよう。ドラマの内容についてはお互いに分からないところは、質問しあいましたが、年の功でやはりこちらから教えた方が多かったかな。

ドラマのハッピーエンドは評価するとしても、萩尾沙絵(柴咲コウ)の気性からして、結城櫂 ( 妻夫木聡)の前途は多難と言わざるを得ません。結城櫂に限らず、結婚して添い遂げるというのは非常に難しいことですね。

とはいえ、難しいのが人生といえばそうなのかもしれず、その難しさをなんとかこなしていくのが人間の腕の見せ所なのかもしれません。

そういった人生は別にしても、ドラマはなんど見てもよかったな。今日も、ながらで見ていました。ラストシーンなんかは10回ぐらい見たんじゃないかと思います。たしかに萩尾沙絵(柴咲コウ)の気性は激しいものがありますが、その動機というか背景には、心細さとか、繊細さがあるわけで、そういった意味では。女性心理を知る上でも本当に勉強になったドラマでもあります。

妻夫木聡つながりで、この後にスローダンスクワイエットルームにようこそを鑑賞するも、やはりオレンジデイズにはかなわないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です