由紀さおり & ピンク・マルティーニ 「1969」年の日本のヒット曲が大ヒット

歌手の由紀さおりさんと、アメリカ・オレゴン州のジャズ・オーケストラ「ピンク・マルティーニ」によるコラボレーション・アルバム『1969』が、日本の歌謡曲でiTunes全米ジャズチャートで1位を獲得し、話題となっている。

EMIミュージック・ジャパンによると、由紀さおりさんは、先月17日ロンドン「ロイヤル・アルバート・ホール」でアメリカ・オレゴン州のジャズ・オーケストラ「ピンク・マルティーニ」とのコンサートを大盛況のうちに終了させた。

この日、「BBCコンサート・オーケストラ」も迎えての大舞台披露した「夜明けのスキャット」、「ブルー・ライト・ヨコハマ」、「さらば夏の日」、「夕月」、「マシュケナダ」を収録したアルバム『1969』は、由紀さおりさんが「夜明けのスキャット」でデビューした1969年の世界のヒット曲を集めたコラボレーション・アルバム。ピンク・マルティーニが由紀さおりさんという日本のシンガーと組んだという話題性、由紀さおりさんの美しい日本語の歌唱と独特のアレンジのコラボレーションが話題となり、急きょ海外での発売が決定した。

1曲以外は全て日本語詞で歌われたこのアルバム『1969』が、現在、EMIミュージックを中心に世界20カ国以上でCD発売とデジタル配信が始まり、各国で大きな反響を呼んでいる。

11月1日にiTunesでの配信がスタートしたUSでは、11月2日付ジャズ・チャートで1位を獲得。日本の歌謡曲のカバーが、US以外の各国でも、カナダのiTunesチャート「ワールドミュージック」で1位など、様々なカテゴリーでランキング上位に登場し、話題は広がる一方となっている。

CDも、10月10日に発売されたギリシャでは「IFPIアルバムチャート」6位獲得(2011/43週)、シンガポール「HMVインターナショナルチャート」18位(10/31付)など、パッケージでも話題を呼んでいる。

世界各国での反響に対し、スタッフは、『1969』は素晴らしい作品と確信していたものの、発売直後から世界各国のチャートを賑わすことまでは想定外だったという。また、『上を向いて歩こう』(SUKIYAKI)のリリースから50年という節目の年である2011年に由紀さおり、そして、日本の歌謡曲が新たに世界の歌謡曲として、時空を超えて、羽ばたこうとしていることに感慨を覚えているという。

11月7日には、USで「1969」がCD発売された。12月には、由紀さおりさんがロイヤル・アルバート・ホールに続き「ピンク・マルティーニ」の全米公演に参加することも決定している。

http://www.zaikei.co.jp/article/20111110/86244.html

 

このニュースというかアルバムのすごいところは、そのタイトル「1969」だと思う。1969年の日本のヒット曲集という意味なのだが、すごいですよね。つまり、たった一年間のヒット曲集ということです。

では、翌年はどうなの「1970」?。さらに「1980」は?というのが背景にしっかり組み込まれているわけで、場合によっては続々とアルバムが何十枚とできてしまう可能性もあるわけです。

そして、日本のヒット曲ということは、日本国民の嗜好性というか、そういった気質に対する評価にもなるわけで、先の大震災に対する日本人の行動が世界的に賞賛されたことにも関係してきそうな気配が感じられます。「日本の歌謡曲が新たに世界の歌謡曲として、時空を超えて、羽ばたこうとしている」ということのみならず、日本の「大衆」文化などへの注目がさらに加速していくのかもしれません。

ちなみに、アマゾン1969で、収録曲の試聴が可能です。いい曲ばかりですね。youtubeでは「pink martini saori yuki」で検索するとぞろぞろ出てきます。お楽しみください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です