「思い残し症候群-親の夫婦問題が女性の恋愛をくるわせる」読みました。

思い残し症候群―親の夫婦問題が女性の恋愛をくるわせる (NHKブックス)読みました。以前紹介した(?と思う)ファミリー・シークレット―傷ついた魂のための家族学と似たような内容で、最近、子供たちも家を離れてしまって、家族とは何かということを考えているので、家族学とでもいえるこのような本は面白いですね。また、この思い残し症候群の「つかみ」は、父親が娘の恋愛に重要な影響を与えるということなので、父親として、俺はどのような役割を果たしているのかということを知りたいということもこの本を読んだ理由でもあります。

このところ、子供たちもそれぞれの恋人と呼べるような人を両親に紹介したいといい始めてきたので、面談前にちょっと勉強をということもありました。娘の恋人なんかは、通常は父親の天敵ともいえる代物ではありますが、思い残し症候群によれば、娘の恋人選びは父親の責任といっている箇所もあるので、そういったものを読んで、天敵を理解しておこうということもあります。ここまで、非常にわかりにくい文章が続いているような気がしますが、ま、デリケートな箇所なのでご理解よろしくお願い申し上げます。ということで、まずは、序章から紹介しよう。

・・・女性の思い残しで一番多く、かつ重要なのが父性愛の欠如である。実父から父性愛を得ることは、女性に取って根源的な願望であるために、欠如すると太きな空虚さを感じるし、またその影響力も大きい。母親からの悦びの共感も重要だが、恋愛に悪影響を与えるのはおもに父愛の欠如の方である。 ・・・。

女性にとって、父性愛を調達することは、男性が、年上の女性から母性愛をもらうよりもむずかしい。なぜなら、父性愛とは性を超えた聖なる愛だからである。男性は、歳をとっていても、若い女性を性の対象として見てしまうために、性を超えた愛を出すのがむずかしいからだ。・・・。
さて、「思い残し症候群」について述べるにあたり、家族機能についての解説をまず第一章で行いたい。なぜなら、家族機能不全の中から思い残し症候群が発生するからである。家族機能が低下すると、まるで動脈硬化したように愛情が家族全体に行きわたらなくなる。
ところが女性は、そんな家族閾係に不満を感じているにもかかわらず、恋人と自分の家族関係と同じ関係、すなわち愛がなかったり、しがみつかれる関係を作ろうとする。女性は、父親と自分との関係と、恋人と自分との関係がイコールになるような恋人選びをしてしまう傾向が非常に高いのだ。その結果、家族機能不全の家庭で育った女性の多くが恋愛不全になりやすいのである。17-19頁

ということで、娘の恋愛関係は、父親の影響が深いということである。責任は重大ですね。その父親を家庭で規定するのは、母親であります。最近、岳父がお亡くなりになったのですが、思い出せば、岳父の立場というか、そういったものが、実は現在の私の立場と似通ったものを感じたことが多々ありました。この本の45ページを読んで、納得したので紹介します。

女性は実家を再現しようとする

女性は、ほっておくと実家と同じ夫婦関係を再現しようとする。なぜなら、・・・自分はこれまで生き延びてこられたという成功体験があるからだ。つまり、実家の両親と同じような夫婦関係を作れば、自分の命だけは保障される。死ぬことはない、安全である。と無意識に考えてしまうのである。女性はそういう意味では、非常に保守的だ。確かにもくろみ通り、肉体は死なない。だが、精神的幸せは保証の限りではない。・・・

人は経験したことしか理解できない動物だ。・・・彼女のみならず、今の多くの若い人達も知らない。愛や信頼は未知なる世界の出来事になっているのである.映圃や小説の世界のできごとなのだ。現実の人間関係には執着や依存しかないと思っている。結婚とは束縛し合うことだと思っているのだ。 45-47頁

家庭で、最も重要な役割を果たすのは、母親であるというのが一般的な常識ではあるが、実は、父親はそれ以上に重要なのだ。

家族の愛の流れ(父親が起点)

家族の愛の流れをひとことで表現すると、「父→母→子」となる。母親が家族の中心であり、母親がもっぱら子どもに愛情をそそぎ世話もするが、しかし、愛情の起点は父親である。これがポイントだ。子供の世話という行為だけに着目すると母親が子育ての主役のように見える。だが実は、父親の愛が母親に流れないと、母親から子には愛が流れないのだ。なぜなら、父親が母親を愛さないと、母親の心は安定しないからだ.・・・父親に愛されていない妻はイライラしてしまう.イライラしている人は、決して人を愛せない。たとえ我が子でも愛せない。・・・安心の安という字はウかんむりに女と書く。つまり、家の中で女がどっしりと構えているのである。要するに、母親が楽しく元気にしている家はうまくいっていて安心ということである。母親の心が安定していれぱ、子どもも安心なのだ。
その母親の心の安定に重大な影響を与えているのが父親の愛なのである。・・・48-49頁

とまあ、こんなわけで、父親の重要性について改めて認識させてもらいました。娘の紹介する恋人は、実は父親の通信簿ということになりそうです。

うーむ、しかし、昔から通信簿は・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です