ビットコインが急騰している

不安定な時代のせいか、ビットコインが急騰しているとのこと。どれどれと久しぶりにのぞいてみたのが、採掘相場サイトのcoinwarz。
 
ふむふむ。
 
コインにもいろいろな種類があって、それぞれなのだが、とりあえずは、左から一番目のsha-256と二番目のscryptがポピュラーどころ。sha-256は言わずと知れたbitcoinの採掘暗号、scryptが二番どころのlitecoinやmonaなどの暗号となる。
 
自分の持ってる採掘器を今、日本の電気代で動かすとどうなるかというと、sha-256では赤字。scryptではなんと黒字になる。とはいえ、新興のコインで上位5番目までの黒字だ(1のbitcoinは外す)。ポピュラーなlitecoinは9位で赤字ということになる。
  
でもまあ、黒字になるという事はすごいことで(日本の電気代はほとんど殺人的ともいえるほど超高価格です)、動かしていればお金がザクザク(いや、チョロチョロか)と入ってくるという事、しかし、相場が動いてどうだろう、真面目にやらなければならないのは確かだけど、手が動かない。黒字のうちに機械を売却するのがいいんだろうなあとヤフオクで調べてみると、確かに採掘器は市場にあまりでていない。出ているのはもちろん、赤字機器だ。
 
と、あらためて採掘器を見てみると、はあ~、すっかりもの置き場になってました。まずは整理して、効率のいいプール(採掘所、仕事場、インターネット上にあります)を探して、プログラムを動かして・・・、やはり体が動かない。
 
2番目のCHNcoinで採掘すると、3.14万円の総売り上げ、電気代が2.3万円、手取りが0.84万円ということになるが、家内に騒がれるし、熱風に耐えなければならない。これから夏だしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です