岩上安身による東京新聞記者・望月衣塑子氏インタビュー 2017.6.16

東京新聞記者・望月衣塑子氏インタビューは面白かった。
このところの安倍政権をめぐるマスコミ各社の動向を知るタイムリーなインタビュービデオだ。
複雑な社会情勢を記憶するには、インタビューで語られるようなサブストーリィを交えて、脳ばかりではなく体に浸透させることが必要だろう。
認知症の予防にもなるし、なによりも生きるということはそういうことなのだ。
11分ごろからの前川氏をめぐっての話は落涙もの。
「教育の一番の喜びは、現場にあって、先生と生徒の関係性の中に共有するものだ」という前川氏の言葉が紹介される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です