心にナイフをしのばせて-クロスオーバージャーナリズム

大宅壮一ノンフィクション賞受賞作家、奥野修司による、「心にナイフをしのばせて(『酒鬼薔薇事件』に先立つこと28年前の類似の残虐事件)」を読んだら、壮絶な内容を体が消化するのに数日を要した。

自分なりの答えだが、人間は死んだら終わりではない・・・、生死を越えた観点から見る”霊性”のあり方が問われるのであり、そこに、こういった事件の救いがあるような気がするのだ。

もうすぐ7年目の3.11だが、奥野修司著「魂でもいいから、そばにいて ─3・11後の霊体験を聞く」のような生死を越えたクロスオーバージャーナリズム(僕の造語です)がこれからますます必要とされるのではないだろうか。

*****************************著作紹介****************************
「今まで語れなかった――。でも、どうしても伝えたい」
そして、
〈誰にも書けなかった。でも、誰かが書かねばならなかった〉
〝不思議でかけがえのない物語″が、いま明らかになる!

あの未曾有の大震災から、今年で7年――。
その被災地で、死者を身近に感じる奇譚が語られているという。
最愛の家族や愛しい人を大津波でうしない、悲哀の中で生きる人びとの日常に、 突然起きた不思議な体験の数々……。
《愛する亡夫との〝再会″で、遺された妻に語られた思いは……。
津波で逝った愛娘が、母や祖母のもとに帰ってきた日に……。
死んだ兄から携帯電話にメールが届いて……。
早逝した三歳の息子が現れ、ママに微笑んで……≫
だが、〝霊体験″としか、表現できないこうした〝不思議でかけがえのない体験″によって、絶望にまみれた人びとの心は救われたのだった――。
著者は3年半以上も、そのひとつひとつを丹念に何度も何度も聞き続け、検証し、選び出し、記録してきた。
「今まで語れなかった。でも、どうしても伝えたい」という遺族たちの思いが噴き出した、初めての〝告白″を、大宅賞作家が優しい視線と柔らかな筆致で描き出す!
唯一無二の〝奇跡″と〝再生″の物語を紡ぎ出す、感動と感涙のノンフィクション。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です