映画「春との旅」見てきました。非常に良かったです。

予告編(上記リンクの公式ホームページ視聴可)のような「お涙ちょうだい」映画ではなく、また、登場人物は味のある善人ばかりで、安心してみれます。こんな映画は最近は珍しいでしょう。また、いい役者さんを揃えてますね。

ストーリィは、厳しく、出口の難しい現実を直視しており、逃げてはいません。しあわせとは安易なものではなく、もちろんお金などで買えるものではなく、真摯な生き様を通して獲得していくものなのですね。

最後は、帰りの電車の中で、老人が死んで(と思う)春が泣き叫んで終わるのですが、これは悲惨な結末ではないと思います。

人は必ず死ぬのです。死ぬのが問題ではなく、死に方が問題なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です