W杯 本田の魔法の無回転シュートにミズノの演出か

日経新聞6月26日より、W杯日本vsデンマーク戦の記事。本田のキックに勝るとも劣らないミズノのピンポイントキック?に言及している。ビッグビジネスの舞台裏をかいま見せる記事でした。

本田の無回転 ミズノが演出 -内側足首近くに特殊樹脂-

あの靴は何だ-。

1次リーグE組のデンマーク戦で、日本の勝利の扉を開いた本囲の無回転シュート。右に一度揺れてから、左に逃げながら落ちていった「魔法のキック」を生み出した黄色のシューズが注目されている。提供したのはミズノ。ボールに当たる個所の素材から自社開発したという同社入魂の一足だ。

本田のシューズを見ると、内側の足首の近くに。表皮とは違うパッドが張ってある。実はこれ、。反発力のある柔らかい合成樹脂。ミズノの開発部門が生み出した「ボールに回転のかかりにくい素材」(東繁アスレティク事業部長)という。

ミズノは今回、「無回転シューズ」の一点勝負に出ている。W杯で有力選手の足元を固める独アディダスや米ナイキに資金力で対抗できないが、全世界が観戦するW杯は好機にしたい。そこで「2006年のW杯で注目を集めた無回転キックを突き詰めようということになった」(東部長) 08年、契約選手の1人で無回転キックを好んでけっていた本田に協力を要請。モニターテストで無回転キツクは通常より足首に近いところでけることを発見した。さらに、ボールに接する時間を長くすれば、より回転を抑えられることを解朋。約2年がかりで新素材のパツドを開発した。

昨年12月に売り出した「W杯モデル」シリーズの売れ行きは上々。5月時点で1~6月期の目標だった5万足を突破した。ミズノのサッカー用品の海外売上高は10年3月期で20億円程度。「イタリアを中心にやっているが、米国やほかの欧州での展開はこれから」(東部長)。外資がけん引する投資規模があまりにも大きい領域ゆえ、とてもリスクを背負えないというのが実情だ。

英BBCが「(ポルトガルの)ロナルドのようだ」と評した本田の活躍は、ミズノにとってもいい意味で計算外だったはずだ。 本田をはじめとする選手にける技術があってこそスバイクの良さが生きるのだが、本田が活躍を続けて世界的な銘柄になれば、「無回転キックを生む本田のシューズ」というピンポイント営業が実を結んで、その知名度が世界で高まるかもしれない。

同じような記事は、6月4日にも掲載されている。

サッカーW杯 ビジネスの舞台裏(4) 用品市場、足元固め競う

2010/6/4付

「無回転」に着目

日本のミズノも売り込み方に知恵を絞った。資金力は海外勢に及ばないだけに「違う視点が必要だった」(東繁アスレティック事業部長)。着目したのは「無回転キック」。日本代表の本田圭佑から助言を受けて「無回転キックをけりやすいスパイク」を開発、昨年12月に売り出した。

本田が無回転キックをける時に使うのは左足のくるぶし付近。そこに素材から自社開発した反発性の低いパッドを張り付け、球に回転がかかりにくくした。売れ行きは好調で、1~6月期の目標だった5万足を5月時点で突破した。

イメージ戦略と機能性――。前者で大衆の関心を呼び、後者で定着させるのが用具メーカーの市場開拓の王道で、2つの要素が高次元でかみ合った時に希代のヒット商品が生まれる。

南ア大会では、どこが勝ち残り、どの選手が輝き、どんなプレーが印象づけられるのか。用品市場の争いもその結果と無関係ではない。先が見えないギャンブル性もまた、4年に一度の「お祭り」であるW杯の醍醐味(だいごみ)といえる。

開催時間の都合から、一日遅れのフォローになったW杯日本デンマーク戦の報道でしたが、w杯ビジネスの観点からネタを再生した日経新聞のピンポイント記事でした。

ちなみにYOUTUBEで揺らぐシュートがよくみえたのがここです

また、全くこの記事とは関係ありませんが)YOUTUBEでデンマークのサッカー選手が日本戦を予想していた画像を見つけました。プロ選手の慧眼に感心したのでご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です