舗道の上のミミズの死

今年の夏はすごい暑さですね。どうしたんでしょうか。

住居から借りている駐車場まで歩いていると、夏の暑さのせいか、やたらとミミズの死骸を舗道上に見つけます。帰宅してから、調べものをしていたら落ちてきた本があり(本だなが整理されてなくてよく崩れます)、中をパラパラと読んでいたら、ミミズの輪廻転生を憂う文章に出会いました。素晴らしきかな偶然は・・・。もったいないので以下に紹介しますね、

輪廻転生-路上のミミズは干からびて死ぬのではない
ミミズの死因を実験で追究
東洋思想の「輪廻転生」がいかなる社会的背景のもとに生じたのか、一度調べてみたいと考えている。現世の恵まれない生活環境から来る不満感・不幸感を吸収するという社会的背景があるような気がしてならない。つぎの生まれ変わりに期待しても、現状よりよい環境に生活できる保証はどこにもない。生まれ変わってみたがミミズかもしれない。
アスファルトの舗装道路にミミズが干からびて死んでいる姿はよく見かける。現世の生活に不満をもったミミズが、道路を横切り新世界を巨指したものの、水たまりで溺れて、アスファルトの上で乾燥して死んでしまうのだと考えていた。道路の向こう側も、こちら側と同じ世界が待っているのに。
ミミズにも神経がある。体を縦に走り、それぞれの節に情報を伝達している。この神経を用いた実験がある。用意するものとして、プラスチックの箱に五ミリメートルおきに銅線をハシゴのように並べたものが必要である。それぞれの銅銭はは独立していて、任意の二本ずつのペアーを刺激用のものと、神経活動を導出するものに用いる。中央の一本をアースにする.ミミズの神経を電気刺激すると神経活動電位が記録できる。刺激の銅線と記録の銅線の距離を、刺激からこの活動電位が記録されるまでの時間で割ると、神経の伝導速度が計算できる。
まず、問題は、ミミズをこのハシゴの上にどう置くかである。ミミズも生き物、ただ黙ってそこにいてはくれない。麻酔が必要である。ミミズの麻酔は、10パーセントのアルコール溶液にポチャと浸けるだけでじゅうぶんである。ミミズが酔っ払って眠ったところで素早く実験せねばならない。酔いから醒めたミミズはすぐ矢シゴの上はいはじめる。
ミミズのよりよき輪廻転生を祈ろう
著者らのミミズの実験のもくろみは、単一神経線維の伝導が温度によってどう変化するかを観察することであった。室温から冷却していくのは装置としてむずかしい。そこで逆にまずこのプラスチックの容器を氷で冷やし、低温から開始する。室温に比べ、低温では神経伝導速度は低下する。ところが神経の活動電位は低温ほど大きくなる。神経活動電位の振幅はあまり変化しないが、電位の幅が大きくなる。その理由についてはここでは省略させていただく。
今度は少しずつ温度を上げていく、伝導速度は速くなるが、神経活動電位の幅は小さくなっていく。室温を超してさらに温めると、突然、神経活動が起こらなくなってしまう。つまりミミズの神経線維は温めると麻痺してしまう。その理由については著者はまだよく知らない。
アスファルトの上で死んでいるミミズは、干からびて動けななるのではなく、夜中に土のなかからはい出して、新天地に到達する前に朝日が当たると、体が温まって神経麻痺のために死んでしまうようである。干からびて死ぬよりは苦痛の少ない死である。
ミミズのよりよき輪廻転生を祈ろう

とまあ、こういう次第であります。ドラキュラではないが、夜中に仕事は終わらしていないとまずいみたいですね。朝日がでて、しまった!と後悔しても、もう死んでしまうとのことです。夏は夜が短いですから気を付けましょう・・・・。

ちなみに、体の反射のふしぎ学―足がもつれないのはなぜ? (ブルーバックス)からの引用でした。

“舗道の上のミミズの死” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です