ユーザー車検/軽自動車 1.見積もり書は大事

前回の自動車保険に続いて、今回は車検について。

自動車保険の価格は衝撃的だったですね。それは、車検を見直すきっかけともなりました。

結論から言うと、是非ともユーザー車検をやるべきです。

去年(2009年)、廃車にしようかと迷った年代物のホンダトゥデイ。ディーラーに車検の見積もりをしてもらったら、整備費込みで12万円ぐらい。必要最低限の整備で、車検を通すだけでは5万円ぐらい。実際にユーザー車検をしたら、自賠責保険料が、18,980円、自動車検査手数料が1,400円、重量税印紙代8,800円で小計29,180円に、ワイパー液と発煙筒代で30,000円以下です。これまた、びっくりですね。




車検見積もり-1



車検見積もり-2



 

ということで、具体的な準備については次回にまとめましょう。なお、車検の見積もりは大事です。点検を依頼すると費用が発生しますが、見積もりは無料。この見積もりで、交換する部品をチェックして、イエローハットなどで購入。上記見積もりの場合は、ワイパー液と発煙筒が必要とのことでしたので、これをイエローハットで購入しました。

 

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です